直感ではたらくお兄さんの優しさにビックリ今朝の事象

通勤ラッシュおつかれさまだ。

通勤シチュエーションって惜しくも制限してくれた方が良いのになっていうくらいに、混雑して
いるし心の余地がなくなりがちだ。

本日、最前におばあさんが座りこんでいたのです。
どことなく、具合が悪いのか、いつもそこに座りこんでいらっしゃるのかという
背景に皆さんがスルーしていきます。
私もどうなのだろうと思いながら、何となく次の電車にスムーズに乗っかることばか
りを考え、見てみなかったふりを通してしまいました。

そっちへやってきたのは、ビーツのレシーバーを設け色眼鏡をした若いお兄さん、バッチリという音響を聞きながら巡回をとって歩いています。
そうしてなんの尻込みもなく、おばあさんの傍らでアクセスをとめ

胸をなでなで

安心?と声をかけました。

おばあさんは、にこにこ笑って。ええ、安心と言って立ち上がったのです。

ヒューマンって、手厚くされる結果、これ程通常微笑が出るんですよね。
仮に年をとっても、あたまをなでなでしてもらうのは嬉しいですよね。
どうしてももう一度心地よくて、そして恥ずかしくて、けれども自分もそういうヒューマンになりたいなと思いました。

マイペースに直感で動いている優しさに感嘆、長々考えずに自分の内心で働く大切さを若いお兄さんに教わりました。http://jiadinglife.com/