目が悪くても本当は老眼って患うものなのですね

年上の個々と共に話をしていて驚いたことがあります。
昔から目が悪い人は老眼にはならないと思っていたのですが、その個々は近眼なのに老眼だというのです。
ただし老眼鏡を持っているわけではなさそうで、見えない時はどうするのか訊いてみました。
すると返ってきた答弁は「眼鏡を外すんだよ」でした。

そういえばお年寄りが眼鏡をかけたり外したりという見かけは見たことがありますが、これはただただ老眼鏡をかけたり外したりやるのだとばっかり思っていました。
個々曰く、目の悪い人は裸眼なら近くは一心に当てはまるといいます。
但し眼鏡を掛けておる状態は普通の目の良い人と変わらない結果、その状態で老眼の状態になってしまうのだそうです。
ですから個々は老眼鏡を持っていないのかという納得しました。

考えてみると目が悪くて眼鏡をかけているのに、その眼鏡のせいで今度は近くが思え難く患うなんて不思議な話ですね。
掛けたり外したりするのは労力そうですが、遠くか近くしか見えない眼鏡というのも支障ではあります。
コンタクトにも遠近両用のものがあるそうですが、眼鏡と違って簡単に外せないのでこれは当たり前の対談かもしれません。

こういう話を聞いてから目に望ましい栄養剤をはからずも購入してしまいました。
多少なりとも効果があると良いのですが……。http://pianist-movie.jp/