昔の忘れていた事例といった、実情と夢の不等に関しまして

絶えず忘れていたのですが、今朝リクエストで見て思い起こしたことがあります。
それは昔に住んでた家の近所にあったボロ小屋のことです。

自分は当時依然として小学生2年生か3年生ぐらいでしたが、家の後ろの空き地にボロ小屋があり、家族は既に誰も住んでいませんでした。
自分は時おりその小屋に娯楽をめぐっては中に入ってみたりしたのです。
荷物などは単にあるのですが、内部はウォールが壊れてそれはもう一度ひどい状態でした。
果たして何時やつが住んでいたのか、わからないくらいに建物はボロボロだったのですが、荷物はそこまでボロボロではなかったのです。

そうして当時住んでいた家を引っ越して数年経ってから、父母にそのボロ小屋の話をすると「こんな小屋なんか無かったよ?」と言うのです。
ただし自分は昔にそこに入った事例がきちんとありますし、一番絶対にあったのに、父母はそこはがんらい何もなかったと言うのです。

今朝思い出してまた父母に聞いてみたのですが、何年頃経っても受け答えはおんなじでした。
あの小屋は一体何だったのか、私の事例ズレなのか夢だったのか、それとも父母が覚えていないだけなのか気になって仕方ないだ。
父母はその時大人なので事例器量は父母のほうが規則正しいと思いますし、もしかしてちゃんと夢だったんだろうかとさえ思えます。
昔の事例ってやつに否定されると自尊心が無くなりますよね。http://delhimoms.com/