カッペリーニをちょい山積購入したはいいけれどどうして食べよう

ロングパスタ、日本ではいわゆるスパゲッティとしてバレるモノの中でも
何より細いのが「カッペリーニ」だ。
日本語でエンジェルの髪を意味するその名の通りスパゲッティとしては
非常にか細いものではありますが、流石に毛髪ほど細いわけではありません。

そういうカッペリーニを、なんか先日大量に購入しました。
そもそもこちらはカッペリーニと言うものはほとんど、というか至極食べません。
正直以前に食べたことがあるっ切りだ。
これは正誤以前に故郷すぎてそもそもさほど売ってない、
売ってても高いうえに大売り出しにはまるでならないと言うので
それだったら普通のスパゲッティを買ってゆでますからね。
普通のスパゲッティなら普段から一心に食べていらっしゃる。

但し、あんな摂る機会が全くないカッペリーニが
今我が家の台所の棚の中に大量にあります。
どうしてこんなことになっているかと言うと、近所のアルティメットで
カッペリーニが棚逸れ半額グッズとして大量に並べるのを見て
ふっと衝動買いしてしまったからです。

ただし購入したのはいいですが、どうしてディナーした存在なのかふと悩ましいだ。
だって以前にカッペリーニを食べたときのメッセージは、完全に
「イタリア振りみたいめん」という身も蓋もない存在でしたからね。
カッペリーニをなど買ってしまったのも、美味しいものを食べたいというより
カジュアルと何か違う変わったものをたまには食べておきたいという物証でしたし。

まず現代、ググればすぐにレシピなんていくらでも起きるんですけどね。ダンボールはホームセンターでも調達可能です!